/

無料ネット通話のスカイプ、世界規模のサービス障害

復旧急ぐ

【シリコンバレー=岡田信行】インターネット通話ソフト大手のスカイプ・テクノロジーズ(ルクセンブルク)は22日、システムダウンが発生し、世界的に接続できないか、通話しにくい状態に陥ったと発表した。同社は「徐々に復旧している」としているが、米西部では22日午後6時現在(日本時間23日午前11時)、利用できない状態が続いている。

スカイプの説明によると、全世界に点在する「スーパーノード」と呼ばれるリーダー役のユーザーのパソコンが、ソフト上の理由で一斉にオフライン(非接続)となり、ユーザーの間を仲介できなくなったことが原因。スカイプは「スーパーノード」を増やして接続回復作業を進めているが、スカイプは全世界で1億2000万人を超えるユーザーを抱えており、時間がかかるもようだ。

通常のネット電話はサーバーを介してユーザーをつなぐが、スカイプはユーザーがパソコンに取り込んだソフトを使って、ユーザー同士を直接つなぐ「P2P」技術を利用している。

スカイプのソフトを取り込んだユーザーはスカイプの仕組み上、グループに分けられ、利用頻度が高く、パソコンの性能も高いユーザーが自動的にリーダー役の「スーパーノード」に選ばれてユーザー間の通信を仲介。ユーザー数が急増してもスーパーノードを増やして自動対応できる仕組みになっている。

今回はソフト上の問題で、スーパーノードが一斉に非接続となったといい、スカイプが現在、原因を調査している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン