/

米フェイスブック、IBMから750件の特許を取得

【シリコンバレー=奥平和行】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは22日、米IBMから750件の特許を取得したことを明らかにした。社歴の浅いフェイスブックは特許の保有が少なく、12日にはインターネットサービス大手の米ヤフーから特許侵害で訴えられている。保有特許を増やし、知的財産権紛争の増加に対応する狙いとみられる。

フェイスブックの広報担当者は取材に対し「特許取得は事実だが、それ以上のコメントは控える」と説明した。米メディアによると、フェイスブックが取得したのはソフトやネット検索、半導体などに関する特許。具体的な内容や取得額は明らかになっていない。

フェイスブックは2月、新規株式公開(IPO)を申請し、申請書類の中で2011年12月末時点の米国における特許の保有数(出願中を含む)が559件と説明した。一方、ヤフーは3000件以上の特許を持つ。特許の相互利用契約の締結などで紛争を解決するためには、フェイスブックも一定規模の特許を持つことが必要になっていた。

業績が低迷するヤフーは今年1月に就任したスコット・トンプソン最高経営責任者(CEO)の下で再建に着手。上場を控えるフェイスブックの提訴も、特許を活用した増収策の一環とみられる。ヤフーは00年代前半にIPOを控える米グーグルを訴え、04年の上場直前に和解金として約3億ドル相当のグーグル株を受け取った経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン