2019年2月22日(金)

「iPad」快走、販売300万台を突破 発売80日で

2010/6/23 6:22
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルは22日、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の販売台数が21日時点で300万台を超えたと発表した。タッチ操作できる9.7型の大きな画面、高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」同様に簡単にコンテンツの配信を受けられる点が評価され、4月3日の米国発売以来わずか80日での突破となった。

米国発売80日で販売台数が300万台を突破した「iPad」(テレビ東京)

米国発売80日で販売台数が300万台を突破した「iPad」(テレビ東京)

iPadはインターネット接続やメール送受信、映画や音楽、ゲーム、電子書籍などが楽しめる多機能端末。iPhone同様にアップルのソフト配信サービス「アップ・ストア」から22万5000種類以上の娯楽や実用ソフトを利用でき、iPad専用ソフトも1万1000種類に上る。

iPadやiPhoneを巡っては、日本や米国、韓国、台湾などで電機・IT(情報技術)機器メーカーが対抗端末を投入する動きを見せている。アップル製品のヒットの裏には、機器だけでなく、携帯音楽プレーヤー「iPod」で培ったソフト配信・管理の仕組みがあり、同じ土俵で競合するメーカーが見あたらないのが現状だ。

iPadは米国や日本など10カ国で販売され、7月にはシンガポール、香港など9カ国・地域でも発売する。発売から28日で100万台を突破したが、iPhoneは100万台到達に74日間、iPodは2年かかっており、iPadは従来の同社製品を上回る勢いで普及している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報