2019年6月19日(水)

フォード救世主が示した14セントの意地
米州総局・杉本貴司

2014/4/22 8:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日のダウ工業株30種平均は前営業日と比べ40ドル71セント高の1万6449ドル25セントと反発した。ファイザーやメルクなど製薬銘柄がけん引したが、この日飛び込んできた最大のニュースは、ダウ銘柄ではない米フォード・モーターのトップ人事だろう。アラン・ムラーリー最高経営責任者(CEO)が任期と公言していた年内一杯を待たずに引退すると言う。

故ヘンリー・フォードが創業してから100年以上の歴史を持…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報