2018年10月23日(火)

米ヤフーの4~6月、純利益4%減 新CEOは決算発表不参加

2012/7/18付
保存
共有
印刷
その他

インターネット大手の米ヤフーが17日発表した4~6月期決算は、売上高が前年同期比1%減の12億1779万ドル(約960億円)、純利益が4%減の2億2663万ドルとなった。同日就任したグーグル出身のマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO、37)は決算説明会に不参加で、新CEOの第一声を期待した投資家は肩すかしをくらった格好。株価も時間外取引で模様眺めの値動きとなった。

4~6月期はディスプレー広告の売上高が2%伸びたものの、検索連動型広告が1%減。リストラ費用の負担も重い。地域別売上高は主力の米州が2%増、アジアは4%増えたが、欧州・中東・アフリカが21%減った。

決算説明会で「新CEOが就任し、ヤフーにとってエキサイティングな日」と切り出したティム・モース最高財務責任者(CFO)は、今後の戦略や業績見通しについて聞かれると、「新CEOが近く皆さんにお話しする」と述べるにとどめた。

(シリコンバレー=岡田信行)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報