/

中国の米国債圧縮続く 6月保有額、ピークから10%減

【ワシントン=大隅隆】米財務省が16日発表した6月末の米国債保有状況によると、中国の残高は前月比2.8%減の8437億ドル(約72兆2000億円)となった。2カ月連続のマイナスで、前年同月比では7.9%の減少。外貨建て資産の運用分散を狙って日本国債を買い増す一方、米国債の残高は減らす中国の姿勢が浮かび上がっている。

前月比2.1%増だった日本の残高は8036億ドル。首位の中国と2位の日本の差は大幅に縮小している。

6月末の中国の米国債保有残高は、比較可能な昨年6月末以降で最低。ピークの昨年7月(9399億ドル)に比べ10.2%減となった。一方、日本は前年同月比では13.5%増。米国債の金利低下(価格は上昇)で時価ベースの残高が押し上げられたことなども影響したとみられる。

日本では銀行が米国債への投資を増やしている。米国債の利回りは低下しているが、日本国債に比べれば、比較的高めの収益が期待できるためだ。ただ、米国債の購入資金は現地でドルを借りる場合が多いとみられ、円高圧力の緩和にはつながっていない。

中国と日本の米国債保有残高の差は1年前には一時2000億ドル規模に開いていた。しかし、中国による保有は減少傾向が鮮明で、6月の保有状況は両国ともに8000億ドル台となり、その差は約400億ドルまで縮小している。

海外勢全体の保有残高は6月も増加傾向が続き、総額は4兆92億ドルとなった。ただ、欧州不安が一服した7月以降は米景気の先行きへの懸念が台頭。米長期金利低下とドル安が進んでおり、米国への資金流入が今後も続くかは微妙な情勢だ。中国が外貨資産の分散を加速する一方、日本が米国債の保有・投資方針を変えなければ、両国の米国債保有残高が逆転する可能性もある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン