2019年5月23日(木)

地震の米経済への影響「判断は時期尚早」 米財務長官

2011/3/17付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=岩本昌子】ガイトナー米財務長官は16日、米下院歳出委員会の小委員会で証言した。東日本巨大地震の米経済への影響について「判断は時期尚早。今、大切なのは人的被害を最小限にとどめるため、可能な限りの支援を行うことだ」と述べた。ロイター通信が報じた。

同長官は「米国は日本ができる限り入念に再建に取り組めるように支援していくつもりだ」と災害救助以降の支援も示唆した。

2012会計年度の予算については「財政赤字の大幅な縮小は喫緊の課題だ」と指摘。連邦政府の債務上限引き上げに関しては「それ以外の選択肢はない」と述べ、議会での早期決議を促した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報