2019年1月22日(火)

米消費は二極化した「砂時計」(NY特急便)
米州総局編集委員・藤田和明

2011/11/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

15日のダウ工業株30種平均は17ドル高。米商務省が発表した10月の小売売上高が前月比0.5%増とプラスを維持。クリスマス商戦をにらみ、消費停滞への警戒感はいったん和らいだ。ただ、イタリアの10年物国債利回りが7%を再び上回ってきたのをみて、米国株も急速に伸び悩んだ。

消費者の"砂時計"理論――。米シティグループの調査チームが2009年から掲げる投資テーマだ。真ん中が細くくびれ、両端が膨らむ砂時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報