/

米AOLがヤフー買収検討か 投資ファンドと、米紙報道

【シリコンバレー=岡田信行】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は13日、インターネットサービス大手の米AOLが複数の投資ファンドと組んで、ネット検索大手の米ヤフーの買収を検討していると報じた。ヤフーを巡っては2008年1月に米マイクロソフト(MS)が総額475億ドル(約3兆9000億円)で買収を提案し、反対にあって撤回した経緯があり、AOLがどのような提案をするかが注目される。

報道によると、AOLとともにヤフー買収に関心を示しているのは、投資ファンドのシルバーレイク・パートナーズとブラックストーン・グループ。このほか、投資ファンド2、3社が関心を寄せているが、金額など具体的に提案する段階には至っていないという。

買収検討の報道を受けて、13日の米株式市場でヤフーの株価は時間外取引で一時14%以上、値上がりした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン