マイクロソフトがSNS向け携帯 シャープと共同開発 「KIN」5月発売、iPhoneより安く

2010/4/13 7:26
保存
共有
印刷
その他

シャープと共同開発したSNS特化型の携帯電話「キン・ワン」を手にするマイクロソフトの娯楽・機器部門トップ、ロビー・バック氏(12日、米サンフランシスコ)

シャープと共同開発したSNS特化型の携帯電話「キン・ワン」を手にするマイクロソフトの娯楽・機器部門トップ、ロビー・バック氏(12日、米サンフランシスコ)

【シリコンバレー=岡田信行】米マイクロソフト(MS)は12日、「フェースブック」など交流サイトの利用に的を絞った携帯電話「KIN(キン)」を発表した。シャープと共同開発した端末2機種を5月に米国で発売する。携帯電話はパソコン並みの多機能化が進んでおり、MSも2月に発表した新型OS(基本ソフト)でアップルなどに対抗するが、それとは一線を画するSNS特化端末の成否に注目が集まりそうだ。

新型携帯電話「キン」は手のひらに収まるサイズの「キン・ワン(1)」と携帯ゲーム機のような大きさの「キン・ツー(2)」の2種類。いずれも、スライド式のキーボードと液晶タッチパネル画面、カメラを搭載。フェースブックやマイスペースなどの交流サイトを使って写真やメッセージ、検索情報を共有できる。

若者がターゲットの新スマートフォン「KIN」(テレビ東京)

若者がターゲットの新スマートフォン「KIN」(テレビ東京)

米国では通信大手のベライゾン・ワイヤレスが販売し、MS、シャープ、ベライゾンの3社で販売促進活動を共同展開する。キン本体には3社のロゴや社名が入る見通し。価格や通信料金は明らかではないが、「SNSの利用者層が安心できるようにする」(担当者)としており、パソコン並みの作業をこなせるアップルの「iPhone(アイフォーン)」など高機能携帯よりも低価格になる見通しだ。

今秋にはボーダフォンと組んで、英、独、スペイン、伊の欧州4カ国でも売り出す。日本での発売は未定としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]