/

米ヤフー、フェイスブック提訴 特許10件侵害と主張

【シリコンバレー=岡田信行】インターネット大手の米ヤフーは12日、交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックがヤフーの特許10件を侵害したとして、損害賠償を求める訴訟を起こした。フェイスブックは利用者が8億4500万人を超えて快走しているほか、新規株式公開(IPO)を控える。一方の米ヤフーは業績が低迷し、経営再建中。勢いに乗った新興企業を不振の老舗が訴えた争いの行方に注目が集まりそうだ。

米ヤフーが米サンノゼ市にあるカリフォルニア北部地区米連邦地裁に提出した訴状によると、ヤフーがフェイスブックに侵害されたと主張している特許は、ネット広告関連4件、プライバシー関連2件、カスタム化関連2件、ソーシャルネットワーキング関連1件、メッセージ機能関連1件の合わせて10件。ヤフーはフェイスブックに適正な賠償を求めるとしている。

米ヤフーは2月末、フェイスブックに対して、フェイスブックがヤフーの特許を侵害していると指摘。特許使用許諾契約を結ばなければ、提訴すると警告していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン