/

トヨタ車「電子制御に問題なし」 米運輸省が中間報告

急加速、半数以上で運転ミス示唆

【ニューヨーク=小高航】トヨタ自動車の品質問題を調査している米運輸省は10日、「現時点でトヨタ車の電子制御システムに問題は見当たらない」とする中間調査結果を発表した。米議会などでは電子制御システムの欠陥が再三にわたり指摘されたが、トヨタ側は一貫して否定してきた。調査は今後も継続するが、当局による暫定的な「シロ判定」が出たことで、トヨタの米国販売や集団訴訟の行方にも影響を与えそうだ。

調査では消費者が「意図せぬ急加速」を訴えた58件の運転データを精査したが、半数以上でブレーキが踏まれていないなど、運転ミスを示唆する状況が見られた。同省は「(電子システムなど)新たな欠陥は見つからなかった」とした。調査結果は同日、米議会に報告された。

トヨタは10日、「当局の調査結果は確認できないが、自社調査でも電子制御システムに問題は見つかっていない」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン