CEA委員長にファーマン氏指名 オバマ米大統領

2013/6/11付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=岩本昌子】米オバマ大統領は10日、米大統領経済諮問委員会(CEA)の次の委員長候補にジェイソン・ファーマン氏(42)を指名すると発表した。クルーガー現委員長が9月からプリンストン大学教授に復帰し、委員長を退任するのに伴う人事。ファーマン氏は2009年のオバマ政権発足時から国家経済会議(NEC)の副委員長を務めてきた。

ファーマン氏はハーバード大学で経済学博士号を取得。税財政、金融政策、社会保障などが専門。世界銀行の勤務経験もある。NEC副委員長に就任した後は、金融危機の打撃から米経済を回復させる景気対策や医療保険制度改革などの策定に関与してきた。

オバマ政権では過去にローマー氏、グールズビー氏、クルーガー氏がCEA委員長を務めた。ファーマン氏が米議会上院で承認されれば、4人目となる。オバマ大統領はファーマン氏を「ある問題についてあらゆる立場からの議論を理解している人物だ」として、そのバランス感覚を評価した。

ただ、金融危機後の景気対策などで、野党・共和党は米財政赤字が急速に膨らんだとしており、同氏の承認を反対する声があがる可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]