パソコン世界出荷13.9%減 1~3月、減少率最大

2013/4/11付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=奥平和行】米調査会社のIDCは10日、1~3月期のパソコン世界出荷台数が前年同期比13.9%減の7629万4000台になったと発表した。同社は1994年からパソコンの出荷動向を調査しているが、減少率は過去最大になった。消費者がスマートフォン(スマホ)などの出費を優先し、パソコンの新製品が不発だったことも響いた。

IDCは当初、1~3月期の出荷台数が7.7%減になると見込んでいたが、予想を大きく下回った。同社はスマホやタブレット(多機能携帯端末)の普及に加え、米マイクロソフトの新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」を搭載したパソコンの不振が出荷減少の原因とみている。

パソコンの世界出荷が前年割れとなるのは4四半期連続。画面に手で触れて操作するタッチパネルに対応したウィンドウズ8はパソコン販売拡大の起爆剤として期待されていた。IDCのプログラムVP、ボブ・オドンネル氏は「ウィンドウズ8は市場活性化に失敗し、むしろ足を引っ張っている」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]