/

アップルが「iPad3を3月発表」の観測

株500ドルに接近

【NQNニューヨーク=森安圭一郎】米一部メディアは9日、アップルが多機能携帯端末「iPad(アイパッド)2」の後継機種を3月初めにも発表すると報道した。現行の「2」よりも動作が速く、画像も改善するとしている。これを手掛かりに9日の米株式市場でアップルの株価が5日続伸。一時は496.75ドルまで買われ、500ドルの大台に接近。連日で上場来高値を更新した。

米ダウ・ジョーンズ系のデジタルニュースサイト「オール・シングス・デジタル」が同日、関係者の話として報じた。アップルは3月初めにサンフランシスコでイベントを開き、その場で後継機を発表する方向と報じている。

ただ、後継機の名称が「アイパッド3」となるのかどうかははっきりしない。同サイトによると、アップルの広報担当者はイベントの予定などについてコメントを拒否した。アップルの通常取引の終値は前日比16.49ドル(3.5%)高の493.17ドルとなった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン