円の売越幅、2カ月ぶり高水準 シカゴ投機筋

2013/3/9付
共有
保存
印刷
その他

 【NQNニューヨーク=横内理恵】米商品先物取引委員会(CFTC)が8日発表した5日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で、投機筋(非商業部門)の円の対ドルでの売越幅は前週比8007枚多い7万3351枚だった。売越幅は2週ぶりに拡大し、1月8日以来、約2カ月ぶりの高水準となった。

 米経済指標の改善や米株式相場の上昇などを背景に、期間中は円が対ドルでじりじりと売られる展開となった。投機筋は買い持ちを減らし、売り持ちを増やした。

 ユーロは2週連続で売り越し。売越幅は前週比1万6722枚多い2万6116枚と、2012年12月11日以来、約3カ月ぶりの高水準だった。2月のユーロ圏の失業率上昇などを受け、期間中はユーロが小幅に下げた。投機筋はユーロの買い持ちを減らし、売り持ちを増やした。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

越幅CFTC

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 0:14
21日 2:00
東海 2:23
1:00更新
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
3:01
2:22

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報