/

この記事は会員限定です

スタバが挑む「紅茶の国」進出の勝算(NY特急便)

米州総局・小川義也

[有料会員限定]

7日のダウ工業株30種平均は反発。難航していたギリシャの債務削減策が近くまとまるとの期待が高まり、買いが優勢になった。

ダウ平均を押し上げたもう1つの要因は、市場予想を上回る四半期決算を発表した米飲料大手コカ・コーラ。新興国を中心に出荷量を全世界で3%伸ばしたことなどが好感され、株価は上昇した。

とりわけ好調なのは、人口12億人超の巨大市場インドだ。出荷量は前年同期比20%増と、伸び率は中国(10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン