/

アップル、アプリ開発者に2000億円超分配 3年累計

配信数は150億件突破

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルは7日、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」などにアプリケーションソフトを配信するサイト「アップ・ストア」の配信件数が2008年7月の開始以来3年で累計150億件を突破したと発表した。同サイトは10万種類以上のiPad専用アプリを含め、42万5000種類以上のアプリを配信している。

同サイトを利用できるのは高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」や「iPad」、多機能携帯プレーヤー「iPodタッチ」で、これまでに配信を受けたのは全世界で合わせて2億台以上に上る。

アップ・ストアは90カ国・地域で有料または無料のアプリを配信し、有料アプリの売り上げは開発者と分配している。アップルによると、開発者に分配したアプリ販売額は累計25億ドル(2030億円)を超えたという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン