「シェール革命の父」の遺言
米州総局・小川義也

2013/8/6 9:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5日のダウ工業株30種平均は反落。前週末に過去最高値を更新したのを受け、目先の利益確定の売りが優勢だった。

4~6月期決算で減益が相次いだエネルギー大手の株価がさえない。決算発表前日の7月31日と5日の終値と比べると、米エクソンモービルは2%安、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルの米預託証券(ADR)も6%下落した。

今回の決算で注目を集めたのが、北米のシェールオイル権益に関連し、21億ドルの評価損を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]