/

新iPhone「4S」、14日発売 KDDIも取り扱い

アップル、7カ国で同時に

(更新)
アップルは「iPhone4S」を14日に発売する

アップルは「iPhone4S」を14日に発売する

米アップルは4日、高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」の新機種「4S」を14日から日本や米国など7カ国で売り出すと発表した。半導体やOS(基本ソフト)を既存の「4」から刷新。ユーザーが声で操作する音声認識機能を搭載した。日本ではソフトバンクモバイルに加え、KDDIも販売すると正式に発表。両社の競争が激しくなりそうだ。

新型「iPhone4S」は、外観は従来の「4」と同じだが、機能を大幅に拡充。楽曲や写真、文書などをインターネットを通じて携帯端末やパソコンなどの間で自動的に共有できる無料クラウドサービスに標準対応する。

4日にカリフォルニア州のアップル本社で開いた発表会では、8月にスティーブ・ジョブズ氏から最高経営責任者(CEO)職を引き継いだティム・クック氏が冒頭から登壇。「携帯電話の世界シェアでiPhoneは5%。まだ大きな機会がある」と攻めの姿勢を強調した。

4Sは黒と白の2モデルを用意。米国での価格は2年契約を前提に、記憶容量16ギガ(ギガは10億)バイトの機種が199ドル、32ギガが299ドル、64ギガが399ドル。8ギガの「4」は99ドル、「3GS」は無料となる。(シリコンバレー=岡田信行)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン