/

この記事は会員限定です

スタバ、アマゾン… 迫る課税包囲網(NY特急便)

米州総局編集委員・藤田和明

[有料会員限定]

アマゾン・ドット・コム、グーグル、スターバックス――。米国を代表する多国籍企業が課税逃れをしているとの批判が世界的に高まっている。最も激しいのが欧州。深刻な歳入不足から政府が苦しい緊縮財政に取り組んでいるのに、多額の売上高がありながら実際の納税額が少ない企業に対して、不満の矛先が向かっているのだ。

英国で厳しい批判を浴びたのはコーヒーチェーン大手のスターバックスだ。1998年の英国参入以降、わず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン