/

iPhone4Sのソフト修正検討 電池消耗、異常に早く

米アップル

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルが10月に発売した高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)4S」のソフト修正を検討していることが2日分かった。米IT(情報技術)系メディアが報じた。発売後、電池消耗が異常に速いというユーザーからの指摘を受けてアップルが調査した結果、搭載ソフトに不具合が見つかったという。

アップルは高性能半導体や高精細画面、人工知能を使った音声ガイド機能などを搭載した「iPhone4S」を10月に日米などで発売。販売地域を急速に広げているが、購入したユーザーから「電池がすぐに消耗する」という声が上がっていた。

ユーザー間では「全地球測位システム(GPS)の使用をオフにすれば電池消耗のペースが遅くなる」「音声ガイドを切れば消耗しない」などの指摘もあり、ソフトの不具合ではないかという見方が出ていた。

米メディアの取材に対し、アップルは「ソフトの一部に電池寿命に影響を与えるようなバグ(プログラムの不具合)が見つかった。数週間以内に修正する」と回答。近くソフト更新を実施し、プログラムを修正する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン