/

この記事は会員限定です

中国での商標権、アップルへ移転確定 iPad訴訟

[有料会員限定]

【広州=桑原健】米アップルの多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の中国での商標権問題で、アップル側への権利移転が確定したことが31日分かった。中国政府が公告で移転を明記。IT(情報技術)機器メーカーの唯冠科技深セン(広東省)が権利をアップルに売却する形で和解したあと、唯冠側の弁護団が報酬などを受け取っていないとして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン