北極海資源開発、米企業投資増に弾みも 海洋法条約加盟
アントリム・元米政府副代表に聞く

2012/6/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中山真】海洋ルールの国際的な枠組みである国連海洋条約に先進国で唯一未加盟だった米国が承認手続きに動き始めた。1982年に同条約を採択した第3次国連海洋会議で米政府副代表を務めたケイトリン・アントリム海洋法委員会事務局長に米国の条約加盟の意義や今後の承認手続きの見通しを聞いた。

――米国が条約加盟に動き出した背景は何か。

「政府側の加盟に向けた取り組みだけでなく、産業界からの強い意向…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]