北朝鮮機関紙「横須賀・三沢・沖縄は射撃圏内に」

2013/3/31付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=尾島島雄】北朝鮮の労働党機関紙、労働新聞(電子版)は31日、神奈川県横須賀市、青森県三沢市、沖縄県と、米軍基地がある日本の地名を具体的に挙げ「我々の射撃圏内にある」と威嚇する記事を掲載した。北朝鮮は米国、韓国などへの攻撃を示唆しており、両国と連携して圧力を強める日本をけん制している。ラヂオプレスが伝えた。

記事では日本の3カ所をグアム島、米本土とともに例示。「実戦で使う戦略ロケットと砲弾は小型戦術核爆弾に劣らない特殊な威力を発揮する」と強調している。国連安全保障理事会が北朝鮮制裁決議を採択したことに反発する動きの一環だが、挑発のトーンが一段と高まっている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]