/

この記事は会員限定です

LRT、中国で拡大 40倍の4千キロ超計画

[有料会員限定]

中国の都市で道路上を走る床の低い次世代型路面電車(LRT)の運行をめざす動きが広がっている。マイカー運転者にLRT利用を促し、都市部で深刻な道路渋滞や大気汚染の緩和を狙う。債務が拡大する地方政府にとっては地下鉄より低コストで建設できる利点も大きく、全国の計画の総延長は現在の約40倍の4千キロメートルを超えている。

広東省深圳市で2013年12月27日、同市で最初のLRTの建設工事が始まった。市中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン