2019年2月17日(日)

ボストンテロ、死刑求刑へ チェチェン系移民に

2014/1/31付
保存
共有
印刷
その他

昨年4月に起きたボストン連続爆破テロで、ホルダー米司法長官は30日、実行犯として起訴されたチェチェン系移民のジョハル・ツァルナエフ被告(20)に対し、死刑を求刑すると発表した。

司法当局は、ツァルナエフ被告が米軍によるイラクやアフガニスタンでの軍事行動への報復として、計画的にテロを実行したと主張している。

死刑求刑の理由として「米国から難民認定を受け、市民としての自由を享受したのに、その米国を裏切った」と指摘した。ツァルナエフ被告は無罪を主張している。

爆破テロではボストン・マラソンのゴール付近で爆弾が相次いで爆発し、3人が死亡、260人以上が負傷した。ジョハル被告と共謀したとされる兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者=当時(26)=は警察との銃撃戦の末、死亡している。(ニューヨーク=共同)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報