/

この記事は会員限定です

EUのクローン動物規制先送りへ 加盟国との交渉決裂

[有料会員限定]

【ブリュッセル=瀬能繁】クローン技術で生まれた牛や豚などの動物の生産・流通に関する規制について、欧州連合(EU)が導入を先送りする。2008年から続けてきたEU加盟27カ国政府と、欧州議会による交渉が決裂したため。クローン動物の子孫から生産した食品の米国などからの輸入は今後も認められ、消費者団体などから反発の声も出そうだ。

欧州議会は食品安全に敏感な欧州市民の声を背景に当初、クローン動物の子孫に由...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン