ハルビン-大連の高速鉄道、12月1日開通 中国

2012/11/30付
保存
共有
印刷
その他

中国東北部を縦断するハルビン(黒竜江省)―大連を結ぶ高速鉄道が1日開通する。総営業距離は921キロメートル。列車の平均速度は時速300キロメートル程度とされ、在来線で9時間あまりかかっていた区間が約3分の1に短縮される。鉄道省は冬季の安全確保のため、12月1日~3月31日の冬季は200キロメートルに減速して運転するとしている。

ハルビン―大連線は2007年8月に着工。当初は11年末にも開通するとみられていた。しかし同年7月の温州(浙江省)での高速鉄道の追突事故発生に伴い、鉄道建設が全面的に中断されるなどの影響で開業が大幅に遅れた。冬季の減速運転も事故発生を受けての措置とみられる。(大連支局)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]