/

この記事は会員限定です

「在日基地、すべて自由に使えるか」 94年、米が確認要請

ペリー元米国防長官が明かす

[有料会員限定]

1994年春の朝鮮半島危機の際、対北朝鮮軍事計画の陣頭指揮を執ったペリー元米国防長官は2日付日本経済新聞の「私の履歴書」で、当時の細川・羽田両連立政権に対し朝鮮半島有事の際、すべての在日米軍基地施設を米軍が自由に使用できるか「確認」を求めていたことを明らかにした。朝鮮半島情勢が緊張するなか、ペリー氏の証言は日本の民主党政権に有事に備えた「高度な政治的決断」を促す材料になりそうだ。

ペリー氏は北朝鮮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン