タブレットで強まる米台連合 日本反攻の糸口は アジア部次長 村山宏

(1/2ページ)
2012/7/1 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

グーグルがタブレット(多機能携帯端末)に参入すると発表し、アップル、マイクロソフト、アマゾンの米IT(情報技術)大手4社の競争が本格化する。いずれも台湾企業が製造を担う。世界のタブレット市場で存在感を強める米台連合は、パソコンでの日本企業の敗北を思い出させる。敗北続きの日本勢は反攻の糸口をつかめるのだろうか。

週末に東京・有楽町にある家電量販店、ビックカメラをのぞいた。パソコンのフロアではアップ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]