/

アップル「地図」責任者が退任 誤表示問題で更迭

米アップルは29日、携帯端末用OS(基本ソフト)「iOS」の開発を統括したスコット・フォーストール上級副社長が来年退任すると発表した。最新のiOSに含まれる地図ソフトで誤表示が相次いだことから、事実上の更迭とみられる。

フォーストール氏の退任後は、パソコン用OS「マックOS」の開発部隊を率いるクレイグ・フェデリギ上級副社長がiOS担当を兼務する。

フォーストール氏が開発を統括してきた「iOS」は、スマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」やタブレット(多機能携帯端末)「iPad(アイパッド)」などを動かす重要なソフト。フォーストール氏はアップルの次期最高経営責任者(CEO)候補の一人ともいわれていた。

今年9月に発売した「iPhone5」には、最新のiOS6が搭載されたが、東京の「羽田空港」が「大王製紙」と表示されるなど多くの誤表示が発生。アップルはティム・クックCEOが謝罪し、グーグルやマイクロソフトなど競合他社の地図ソフトやネットサービスの利用を呼び掛ける異例の事態になっていた。

(シリコンバレー=岡田信行)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン