/

この記事は会員限定です

バーナンキFRB議長、31日退任 異例の緩和で恐慌回避

[有料会員限定]

2006年から8年にわたって米金融政策の手綱を握ったバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が31日、退任する。経済学者から中央銀行に転じ、未曽有の金融危機への対応の最前線に立ったバーナンキ氏。金融危機が大恐慌に転じるのは食い止めたが、異例の金融緩和策で試行錯誤を余儀なくされた。

■試行錯誤の8年

「実践としては機能したが、理論通りには機能しなかった」。1月16日、ワシントンでの講演で量的金融緩和...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン