/

北朝鮮「新しい形態の核実験も」 ウラン型など示唆か

(更新)

【ソウル=加藤宏一】北朝鮮外務省は30日、「核抑止力を強化するため新しい形態の核実験も排除しない」とする声明を発表した。北朝鮮による中距離弾道ミサイル「ノドン」発射を非難した国連安全保障理事会の報道向け談話に反発した。「新しい形態」が何を指すかは不明だが、従来のプルトニウム型ではなく、ウラン型や水素爆弾の実験を示唆した可能性もある。米国に前提条件無しの交渉に応じるよう揺さぶりをかけているとみられる。朝鮮中央通信が伝えた。

声明では、ミサイル発射が「米国の敵視政策と侵略的核戦争演習が強まっていることに対処する自衛的な軍事訓練だ」と反論。「米国が我々を孤立させようと画策する限り、我々も正当防衛の権利があり、その準備もできている」とした。

韓国外務省は30日、北朝鮮が核実験に言及したことについて、「深刻な憂慮を表明する」との報道官論評を発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン