/

この記事は会員限定です

「低格付け債」利回り急上昇に警戒感 欧米やアジアで

[有料会員限定]

【ロンドン=松崎雄典】債券市場では、格付けが投資不適格(ダブルB格以下)とされる「低格付け債」の利回りの急上昇(価格の急落)に警戒感が高まっている。低格付け債は現時点では欧米アジアで利回りが過去最低になるまで買われ、「バブル」との指摘も多い。株式への資金シフトが加速する過程で、大幅な調整が起きかねない。

低格付け債の最大の市場である米国では、全体の利回りを示す「バークレイズ米国ハイ・イールド社債指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン