米、日朝接近に警戒感 透明性重視し説明求める

2014/5/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=吉野直也】北朝鮮が日本人拉致被害者の再調査に応じたことについて、米政府は日本側に経緯や背景の詳細な説明を求める方針だ。米国は日韓中ロとの多国間協力で北朝鮮に制裁を科し、核・ミサイル問題の包括的な解決をめざすのが基本的な立場。再調査をきっかけに日朝が突出して接近し、北朝鮮への圧力が弱まることへの懸念もある。

米政府は29日、正式なコメントを出していない。だが米国務省のサキ報道官は日朝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]