/

この記事は会員限定です

米州Frontline シリコンバレーで総力戦 韓ロ・インドのPR戦略

シリコンバレー支局 奥平和行

[有料会員限定]

「韓国をシリコンバレーのお手本としてみている」。11月12日、インターネット検索最大手、米グーグルのブラッドリー・ホロウィッツ副社長は約700人の聴衆に向かって話した。韓国の知識経済省が米シリコンバレーで開いたイベント「Kテックシリコンバレー2012」の基調講演での一コマだ。

ホロウイッツ副社長が「お手本」と指摘したのは、韓国の高速無線ネットの普及率だ。同副社長に先立って韓国のLGグループの李熙国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン