/

この記事は会員限定です

習主席のスローガン「中国の夢」が生む摩擦

中国総局・阿部哲也

[有料会員限定]

周囲を威嚇し、怒鳴り散らす。その姿を周辺国の大半が恐れ、うんざりしていることだろう。最近の中国だ。なぜここまで高圧的で、強硬なのか。それをひもとく鍵の1つが、習近平国家主席が掲げるスローガン「中国の夢」にあった。

強い調子でベトナム批判

「荒唐無稽で笑える。この国が歴史をゆがめ、事実を否定し、信義に背くことが改めて証明された」。中国外務省が26日開いた定例記者会見。担当者は強い調子で言い放った。や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン