台湾の新特区、中国勢の条件緩和 他国企業と同水準

2013/8/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=山下和成】台湾はこのほど創設した新たな経済特区において、中国企業の投資や技術者らの就労を、他の外資系企業と同じ条件で扱う方針を決めた。従来中国企業に対しては厳しい条件を課していた。半導体や液晶パネルなど台湾の基幹産業との合弁事業で、中国勢が過半出資して主導権を握ることなどが初めて可能になる。

台湾で経済政策を統括する経済建設委員会の管中閔主任委員(閣僚)が日本経済新聞とのインタビューで明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]