/

ルノーのナンバー2が辞任

【パリ=竹内康雄】フランスの自動車大手ルノーは29日、カルロス・タバレス最高執行責任者(COO)が同日付で辞任したと発表した。ルノーは声明で、辞任の理由を「個人的な計画を追求するため」と説明。当面はゴーン最高経営責任者(CEO)がCOOを兼務する。タバレス氏はルノーのナンバー2で、ゴーン氏らと厳しい経営状況にあるルノーの改革を進めてきた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン