/

「釣魚島は中国領」と米紙に新聞広告 日本政府が抗議

【ワシントン=共同】28日付の米紙ワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズは、「釣魚島(沖縄県・尖閣諸島の中国名)は中国領だ」とする中国英字紙チャイナ・デーリーの広告を掲載した。

広告は見開き両面のほとんどを使って尖閣諸島の写真を載せ「古来、中国固有の領土で、中国は争いのない主権を持っている」と主張。さらに日本政府による国有化が「中国の主権を著しく侵害した」と訴えた。

これに対し、藤崎一郎駐米大使は28日の記者会見で、広告を掲載した米2紙に「一方的な内容で事実関係に間違いがある」と抗議したことを明らかにした。

ポスト紙は、広告の内容を社として支持するわけではないと説明。「日本政府から申し入れがあったことは留意する」と回答したという。

藤崎大使は「片方の一方的な議論を大きく取り上げれば(米世論に)誤解を与える。放置するのは不適当と判断した」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン