中国、レアアース対日輸出の通関手続き正常化へ

2010/9/29付
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】中国の税関当局がハイブリッド車(HV)や家電製品などの生産に必要なレアアース(希土類)の対日輸出の通関業務正常化に向けて動き出したことが29日、明らかになった。日系商社の現地事務所によると、税関当局から28日、レアアースの通関業務を29日から受け付けるとの連絡を口頭で受けたという。ただ一般貨物については、大半の税関で厳しい検査が続いているとみられる。

レアアースの対日輸出は停滞が続いていた。通関業務の受け付けは約1週間ぶり。税関当局が28日に会合を開き、通関手続きの正常化を決めたとの情報もある。ただ関係者の間では「日本向けのレアアースの輸出が本当に正常化したかはまだ分からない。早期に手続きを始め、通関の状況を見極めたい」とする慎重な見方もある。

一方、日系企業関係者によると、中国北部の一部国際港の税関では28日から対日輸出の通関業務の遅れがほとんどなくなったという。27日まで高かった抜き取り検査の比率が下がったとみられ、「通関業務の平常化の動きと期待したい」(商社関係者)。

ただ、北京や上海、広州など多くの税関では「29日午前時点で通関業務の抜き取り検査の比率に変化は起きていない」(同)。日系運輸会社の現地担当者も「検査の厳格化はむしろ強まっているようだ」と話しており、地域によってばらつきがみられる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]