天安門突入、ウイグル族関与か 当局が見方強める

2013/10/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=島田学】中国・北京市内の中心部にある天安門前に車が突入して炎上、5人が死亡した事件で、北京市公安当局は新疆ウイグル自治区の独立運動にかかわるウイグル族が関与した可能性が高いとの見方を強めていることが29日、関係者の話で分かった。公安当局は車に乗っていて死亡した3人のうち、2人がウイグル族男性だったとする捜査情報を市内の宿泊施設などに示し、協力を求めている。

インターネットでは29日未明に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]