2019年2月19日(火)

香港で「国民教育」反対デモ

2012/7/29付
保存
共有
印刷
その他

【香港=川瀬憲司】香港中心部で29日、中国本土と同じような愛国心を養うための「国民教育」に反対する大規模なデモ行進が行われた。主催した市民団体によると、参加者は9万人以上に達したという。デモの規模を少なめに公表する傾向のある地元警察は、ピーク時で3万2千人が参加したと発表した。

香港政府は9月の新学年開始とともに小学校に導入し、中学にも順次広げる計画。市民や教育関係者の多くは「洗脳教育」ととらえており、教育の「中国本土化」への危機感が高まっている。香港は同日、気温が30度を超え、地元の気象当局が「酷暑警告」を発令するなか、小さな子どもを連れた市民の姿が目立った。

5歳と1歳の2人の娘を連れてデモ行進に参加した36歳の男性は「子どもたちが偏った教育を受けることに反対するためにやってきた」という。妻の中学校教師(35)も「批判的な思考力を奪う」と話していた。

「国民教育」を巡っては、中国共産党の一党独裁体制を称賛する一方で、欧米式の民主主義に疑念を示す内容の教育指導用冊子の存在が明らかになっている。市民や教育関係者の想定以上の反発を受け、再考を迫られる可能性もありそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報