/

この記事は会員限定です

地方デモ、北京に余波 丹羽大使の車襲撃

日中政府、沈静化急ぐ

[有料会員限定]

日本の丹羽宇一郎駐中国大使の公用車が北京市内で襲われ、日中関係が一段と揺れている。沖縄県の尖閣諸島を巡る反日機運が、警備当局の監視が強い北京などにも及んだ形だ。日本政府からの厳重な抗議を受け、中国政府は外交官の保護と真摯な調査を約束した。

【北京=中沢克二】襲撃事件について丹羽大使は28日に「極めて遺憾だ」とする談話を発表。「在留邦人らが安心して中国で生活できる環境を確保することが重要と考えている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン