国連、ざわめく人事の季節 戦略無き日本の影薄く
海外とっておき 米州総局・弟子丸幸子

(1/2ページ)
2012/3/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国連が人事のシーズンを迎えたせいか、ニューヨークの外交官たちが最近、妙にざわついている。潘基文(バン・キムン)事務総長の2期目続投を機に、幹部が大幅入れ替えになるとあって、要職に自国出身者を送り込もうと各国が激しい"猟官運動"を展開中だ。

「どんなランクの低いポストでも『よろしく頼む』と売り込みをしてくる。あの執念はすごい」。と、国連幹部も思わず舌を巻くのがロシアやスペイン、韓国の攻勢ぶりだ。文…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]