2019年2月16日(土)

北方領土、資源問題加わる 日本の対応難しく

2011/6/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】ロシアの高官が北方領土(ロシア名・南クリール諸島)周辺海域での原油ガスの共同開発を提案する考えを示したことで、日ロ間の懸案である領土問題に新たに「資源」という要素が加わった。ロシアは将来、日本の参画の是非を問わず同海域の原油ガスを開発する可能性もあり、日本は難しい対応を迫られそうだ。

ロシア政府にとって南クリール諸島の経済発展は重要な政治課題であり、将来、資源開発が実現すれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報