キプロスが包括金融規制 引き出し1日300ユーロに

2013/3/28付
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=花房良祐】キプロス財務省は27日、同国の銀行からの預金流出を防止する包括的な金融規制を発表した。16日から休業している同国の銀行が28日に営業を再開する際の混乱を回避するのが目的。現金の引き出しを1日当たり300ユーロとし、国外送金も厳しく制限する。財務省は声明で「一時的な措置で、金融システムの安定を確保する」などと強調した。

AFP通信によるとユーロ圏で初めての厳格な資金の移動を制限する規制となる。政府・中央銀行は混乱を未然に防ぐため、対策を練ってきた。大量のユーロ紙幣が入ったコンテナが中銀に運び込まれたといい、欧州中央銀行(ECB)がキプロスに紙幣を多めに送ったとの報道もある。

出国者は1000ユーロ以上の現金の持ち出しが禁止される。小切手も現金化できないとの情報もある。定期預金の満期前の解約も制限する。一方、国外送金の制限については、留学費用などについては例外措置を設けた。

ヒト・モノ・カネの移動の自由を目指す欧州連合(EU)でこれほど厳しい資本規制が導入されるのは異例。キプロスにあるユーロが国外に一斉に逃避すれば金融システムがマヒしかねないため、同じユーロ圏への資金の移動も厳しく制限する非常手段に訴えた。

EUはキプロスへの金融支援と引き換えに同国の銀行の大口預金のカットなどを要求。ロシアをはじめとした外国人の資金が大量に預けられており、混乱の発生が懸念されていた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]