/

この記事は会員限定です

ゲイツ氏ら人工食品へ投資 先端技術で肉など代替品生産

[有料会員限定]

肉、卵などの代替品を、先端技術を使って工業的に生産する人工食品ベンチャーへの投資が広がっている。新興国の食料需要増加に着目してビル・ゲイツ氏など著名投資家が相次いで出資。環境保護や動物愛護の観点から畜産業に逆風が吹くなか、成長分野として注目が集まる。

香港の大財閥、長江実業グループを創設した大富豪・李嘉誠氏やヤフー創業者のジェリー・ヤン氏は2月、植物性原料で卵の味や風味を再現するベンチャー、ハンプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン