2019年2月22日(金)

欧州に「反原発」の世論 独・仏の地方選で反対派躍進

2011/3/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=赤川省吾】27日投票のドイツ南部バーデン・ビュルテンベルク州の議会選挙で、日本の福島原発事故を受けて「脱原発」を訴える環境政党「緑の党」が大きく票を伸ばした。ドイツを含む欧州各国で反原発派が影響力を強めるとみられ、各国政府は原発政策の見直しを余儀なくされそうだ。原発は欧州連合(EU)の電力供給の3割弱を占めており、短期間では廃止もできず各国とも難しい対応を迫られる。

同州で緑の党は前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報